最安値を徹底比較!価格が安いウォーターサーバーおすすめランキング

提供:GMOメディア

安いウォーターサーバーランキング
背景画像出典:Canva

※本記事に記載されている情報は2021年7月時点の情報となります。現在の情報とは異なる場合がございますのであらかじめご了承ください。

このページでは料金が安いウォーターサーバーの選び方や、安いおすすめのウォーターサーバー紹介しています。

ウォーターサーバーを探す時、水の値段だけをチェックしていませんか?

実は毎月支払う料金は水代だけではありません。

その他にもサーバーレンタル代や配送料金などの費用がかかるので、安いウォーターサーバーを探しているなら、これらを合計した料金を比較することが大切です。

とはいえ、「そんな面倒なことやりたくない!」ですよね。

そんなあなたに代わり、当ページでは、上記の費用を含めた月額料金が安いウォーターサーバーを徹底調査しました。

ウォーターサーバー選びに失敗しないための知識も紹介しているので、安いウォーターサーバーを探しているというあなたはぜひご覧ください。

それではさっそく見ていきましょう。

今すぐチェック!安いウォーターサーバーランキングを今すぐチェックしたい方はこちら

安いウォーターサーバーの選び方

安いウォーターサーバーランキングを見る前に、損をしないための選び方について見ていきましょう。

この知識を身に付けておくだけで、自分にあったウォーターサーバーが見つけやすくなりますよ。

月額料金は5つの費用で決まる

ウォーターサーバーにかかる料金は、水の料金だけではありません。

安いウォーターサーバーを契約したいなら、水の料金以外にも、以下の費用を合計した月額料金を比較する必要があります。

  • ボトル料金(水代)
  • サーバーレンタル料金
  • 安心サポート料
  • 配送料金
  • 電気代

それぞれの料金について、費用相場などの詳細を見ていきましょう。

1.ボトル料金(水代)

ウォーターサーバーを利用する上で欠かせないボトル料金(水代)は、「ボトル1本あたり○円」のように値段を設定しているウォーターサーバーがほとんどです。

当社がウォーターサーバー9社を比較[1]したところ、ボトルは12Lボトルが一般的で、価格平均は約1,500円。500mLあたり70円ほどが相場だと考えられます。

水の料金はRO水が安い

  • ウォーターサーバーの水の種類は、大きく分けて天然水とRO水の2種類があります。RO水とは、RO膜と呼ばれる超微細なフィルターでろ過された水のこと。

    放射線物質も除去されるほど細かなフィルターで、安全性が高い水とされています。

    当社がウォーターサーバー9社の料金を比較[1]した結果、水の料金相場は、天然水が500mLあたり約78円、RO水が約56円。安いウォーターサーバーをお探しなら、RO水のウォーターサーバーから選ぶのがおすすめです。

サーバーレンタル料金

ウォーターサーバー本体は、レンタル式を採用していることがほとんど。サーバーレンタル代として、毎月費用がかかります。

サーバーレンタル代は無料~2,000円程度の物までぴんきり。サーバー機能の良さに比例して、高くなります。

安心サポート料

安心サポート料とは、ウォーターサーバーのメンテンナンスや故障時の対応を無料で行ってくれるサービスです。任意での加入が多いですが、加入必須のウォーターサーバーもあります。

料金相場は、数百円~数千円のところまで様々です。

配送料

配送料金は無料とするウォーターサーバー会社が多いですが、お住まいの地域によっては数百円程度の送料がかかることがあります。契約前に、必ず公式サイトでチェックしましょう。

電気代

上記までがウォーターサーバー会社へ支払う月額料金ですが、忘れてはいけないのが電気代。ウォーターサーバーは常に冷水や温水をキープするため電気代がかかります。

電気代は住居環境やレンタルするサーバーにもよりますが、月1,000円程度かかることを見込んでおきましょう。

ここまでがウォーターサーバーにかかる月額料金の詳細です。安いウォーターサーバーを探すには、上記の金額をトータルした月額料金を比較をしていく必要があります。

そしてもう一点注意したいのが、水の消費量を事前に知ること

なぜ水の消費量を知ることが大切なのか、次項目で解説します。

水の消費量によって安いウォーターサーバーは変わる

ウォーターサーバーを比較しているサイトを見ると、水24L利用時の月額料金を比較している場合が多いです。しかし、その費用だけ見て比較するのは注意が必要。

なぜなら、どのウォーターサーバーが安いのかは、水の消費量で変わるからです。

どういうことなのか、簡単にその理由をみていきましょう。

例えば、以下の2社のウォーターサーバーがあるとします。

  • A社:サーバーレンタル代が1,000円、水の料金が1本(12L)1,200円
  • B社:サーバーレンタル代が無料、水の料金が1本(12L)1,500円

それぞれ水を24L、48L消費した場合の、月額料金を比較してみましょう。

2本利用(24L) 4本利用(48L)
A社 3,400円 5,800円
B社 3,000円 6,000円

 
上記を見ると、24L利用時ではサーバーレンタル代無料のB社の方が安いですが、48L利用時では水の料金が安いA社の方が安いことがわかります。

このように、自分の水の消費量を考慮せずに料金を比較した結果、「実は他のメーカーの方が安かった!」と後悔してしまうことになるのです。

賢くお得にウォーターサーバーを利用するためにも、水の消費量に応じて、月額料金が安いウォーターサーバーを比較していきましょう。

なお、水の消費量の目安は以下のようになります。

水の消費量目安*

  • 大人1人:約20~24L/月
  • 大人2人:約30~36L/月
  • 赤ちゃんの調乳:約24L/月

*…クリクラ公式サイトによる

月額料金以外のウォーターサーバー比較ポイント

ここまで、ウォーターサーバーの料金に関する比較方法を紹介してきました。

料金だけを比較して安いウォーターサーバーを選ぶのもいいですが、ウォーターサーバーは契約期間が2~3年のものが主流。

長く愛用するするために、月額料金が安いこと以外に、以下の点も踏まえて選ぶのがおすすめです。

サーバーのデザインや機能

他の家具の雰囲気と合わせて選ぶのがコツ。色に迷ったら、飽きのこないホワイトがおすすめです。

尚、サーバーのデザインや機能性の高さと、サーバーレンタル代の値段は比例します。バランスを考えて、納得できるものを選びましょう。

注文ノルマ

ウォーターサーバー会社は、水の最低注文数を設定している場合が多いです。これは注文ノルマとも言われており、月24L(12L×2本)が一般的。

注文ノルマに満たない場合は追加で手数料が発生するので、「せっかく安いウォーターサーバーを選んだのに支払い額が高くなってしまった」となってしまう可能性もあるのです。

水の消費量が少ない方は、注文ノルマなしのウォーターサーバーか、注文を一定回数スキップできるウォーターサーバーを選びましょう。

【月額料金比較】安いウォーターサーバーランキング

ここまで紹介したように、ウォーターサーバーの月額料金を決定づける要素は5つあり、どのウォーターサーバー会社やどの機種を選ぶかで月額料金が変わります。

ここからは、ウォーターサーバー9社の月額料金料金を調査した結果わかった、月額料金が安いウォーターサーバーランキング[2]を見ていきましょう。

※当ランキングは24L利用時の月額料金を基準に比較し決定していますが、水の消費量によって順位が入れ替わることがございます。36L,48L時の利用量金も記載していますので、ご参考ください。
※水料金は公式サイトのボトル価格(税込)を参照しています。公式サイトに記載がない場合、「ボトル価格÷ボトル容量÷2」で500mL換算の水料金を計算しています。
※月額料金の計算方法は、「レンタル代+あんしんサポート料+500mL当たりの水代×消費量」です。配送料は地域によって異なるため、含んでおりません。
※水の消費量は「大人1人:24L、大人2人:36L、大人2人+子供1人:48L」を想定し計算しています。[3]
※当ランキングは2021年7月時点の最安値を参考に作成しています。なお、価格はすべて税込表示です。

※表は左右にスクロール可能です。

順位 メーカー名 水料金
/500mL換算
サーバー
レンタル代
安心サポート料
(必須の場合)
月額料金
24L利用 36L利用 48L利用
1位 ワンウェイウォーターワンウェイウォーター出典:Oneway water公式サイト詳細へ 56.3円 無料 無料 (2,700円)*1
※注文ノルマは
36L/月
4,050円 5,400円
2位 アルピナウォーターアルピナウォーター出典:alpina water公式サイト詳細へ 47.3円 629円 2,897円 4,031円 5,165円
3位 アクアセレクトアクアセレクト出典:Aquia select公式サイト詳細へ 59.7~69.0円 無料 3,287円*2 4,720円*2 6,152円*2
4位 クリクラクリクラFit出典:クリクラ公式サイト詳細へ 60.8円 無料 460円 3,380円 4,840円 6,300円
5位 信濃湧水信濃湧水のウォーターサーバー出典:信濃湧水公式サイト詳細へ 71.1円 無料 3,412円 5,119円 6,825円
6位以下はこちら
順位 メーカー名 水料金
/500mL換算
サーバー
レンタル代
安心サポート料
(必須の場合)
月額料金
24L利用 36L利用 48L利用
6位 うるのん 81.3円 無料 3,900円 5,850円 7,800円
7位 アクアクララ 58.5円 無料 1,100円~
3,300円
3,908円 5,312円 6,716円
8位 プレミアム
ウォーター
82.8円 無料 3,974円 5,962円 7,948円
9位 コスモウォーター 85.5円 無料 4,104円 6,156円 8,208円
*1…水の料金のみを表示しています。実際に消費量を24Lするには、休止手数料が発生します。
*2…3本目(22.7L)以降の水の料金は500mLあたり、59.7円となります。

ここからは、上記のウォーターサーバーの特徴や料金の詳細について詳しく紹介していきます。

1位:ワンウェイウォーター

ワンウェイウォーター

出典:Oneway water公式サイト

 
ワンウェイウォーターは、サーバーレンタル代無料且つ水の料金も安いウォーターサーバー。

注文ノルマが月あたり36L以上ですが、水の消費量が多いご家庭にはかなりコスパのいいウォーターサーバーです。

サーバーは足元設置型ボトルなので、力に自身のない方でも水を持ち上げずに交換ができますよ。

ボトル料金 1,350円/12L
(56.3円/500mL)
サーバーレンタル代 無料
配送料金 無料
購入ノルマ 月36L以上
トータルコスト
(24L換算)[3]
(2,700円)*1
トータルコスト
(48L換算)[3]
5,400円

※トータルコストの計算方法は、(レンタル代)×1.1(消費税)+500mL当たりの水代×消費量×1.08(消費税)+配送料です。なお、価格はすべて税込です。
*1…他社料金と比較しやすくするために、24L換算の料金を表示しています。実際は、36L以下の利用だと配送休止料が発生します。

詳細はこちら(公式サイト)

2位:アルピナウォーター

アルピナウォーター

出典:アルピナウォーター公式サイト

 
安いウォーターサーバー2位は、アルピナウォーターです。アルピナウォーターの水の価格は500mLあたり約47円と、ペットボトルよりもかなり安い値段です。この価格で美味しい水やお湯がすぐに使えるのはかなりお手頃といえるのではないでしょうか。

アルピナウォーターは今回比較した全9社の中で水の価格が全ウォーターサーバーの中で最も安いため、オフィス利用や大家族での利用でも使えば使うほどお得です。

また、注文ノルマもないので、水の消費量が少ない方でも、自分のペースに合わせて水を購入することができますよ。

ボトル料金 1,134円/12L
(47.2円/500mL)
サーバー
レンタル代
629円/月~
配送料金 無料
購入ノルマ なし
トータルコスト
(24L利用)[3]
2,897円~
トータルコスト
(48L利用)[3]
5,165円~

※価格はすべて税込みです。
※宅配便をご利用の場合は、別途送料がかかります。
※契約するサーバーによっては、料金が異なりますのでご注意ください。

詳細はこちら(公式サイト)

3位:アクアセレクト

アクアセレクト
出典:Aquaselect公式サイト

 
アクアセレクトは当サイトで比較した9社の天然水の中で最も安く、水の値段は500mLあたり69円。

使い捨てボトルなので、空ボトルの保管場所を確保できないという方にもおすすめです。

サーバーレンタル代が無料なので、RO水と匹敵するほどの安い値段で美味しい天然水が利用できますよ。

ボトル料金 1,355~1,566円/11.35L
(59.7~69.0円/500mL)
サーバーレンタル代 無料
配送料金 無料
※沖縄、北海道、離島は有料
購入ノルマ 月1箱以上
トータルコスト
(24L換算)[3]
3,287円
トータルコスト
(48L換算)[3]
6,152円

※価格はすべて税込です。
※トータルコストは、「500mLあたりの水料金×利用量+レンタル代+配送料」で計算しています。なお、3本目以降(22.7L~)の水料金は、500mLあたり59.7円となります。

詳細はこちら(公式サイト)

4位:クリクラ

クリクラFit出典:クリクラ公式サイト

クリクラは産院への導入実績No.1[4]、赤ちゃんがいるご家庭から人気のウォーターサーバーです。

安心・安全な水を提供するために品質管理にこだわっており、リーズナブルな価格で質の高い水を飲めることが人気の秘密と言えるでしょう。

ボトル料金 1,460円/12L
(60.8円/500mL)
サーバーレンタル代
(※あんしんサポート料)
460円
配送料金 無料
購入ノルマ なし
トータルコスト
(24L利用)[3]
3,380円
トータルコスト
(48L利用)[3]
6,300円

※価格は全て税込みです

クリクラを詳しく見る公式サイトはこちら

5位:信濃湧水

安いランキング第5位のウォーターサーバーは、天然水が購入できる信濃湧水のスタンドサーバーです。

水の値段は500mmLあたり約71円と高く感じますが、レンタル代無料のサーバーを契約すれば注文した水の料金だけ支払えばOK。

そのため、安いランキング第6位のうるのんよりもトータルコストが安くなっています。

ボトル料金 1,620円/11.4L
(71.1円/500mL)
サーバーレンタル代 無料
配送料金 無料
※北海道、四国、九州は1箱あたり504円(税込)
購入ノルマ 3ヵ月間で2箱(4本)以上
トータルコスト
(24L換算)[3]
3,412円
トータルコスト
(48L換算)[3]
6,825円

※トータルコストは、「500mLあたりの水料金×利用量+レンタル代+配送料」で計算しています。なお、価格はすべて税込表示です。

詳細はこちら(公式サイト)

月額料金だけを比較した安いウォーターサーバーランキングを紹介してきました。

ここからは、こだわりやライフスタイルに応じた、おすすめのウォーターサーバーについて見ていきましょう。

一人暮らしにおすすめの安いウォーターサーバー

一人暮らしのウォーターサーバー選びのポイントは、(1)使い捨てボトルである、(2)水の購入ノルマが緩い、(3)配達時に融通が利くこと、です。

当サイトで比較した9社の中から、これらの条件を満たすウォーターサーバーを調査した結果、最も安いウォーターサーバーはアクアセレクトのアクアセレクトサーバーでした。

ボトル料金 1,355~1,566円/11.35L
(59.7~69.0円/500mL)
サーバーレンタル代 無料
配送料金 無料
※沖縄、北海道、離島は有料
購入ノルマ 月1箱以上
トータルコスト
(24L換算)[3]
3,287円
トータルコスト
(48L換算)[3]
6,152円

※価格はすべて税込です。
※トータルコストは、「500mLあたりの水料金×利用量+レンタル代+配送料」で計算しています。なお、3本目以降(22.7L~)の水料金は、500mLあたり59.7円となります。

アクアセレクトは当サイトでウォーターサーバー9社を比較[1]した結果、天然水が使えるウォーターサーバーの中で1番トータルコストが安いウォーターサーバーです。使い捨てボトルなので、空になったボトルを保管しておく必要はありません。

一人暮らしの方でも使いやすい、かつ安いウォーターサーバーを探しているなら、アクアセレクトがおすすめです。

一人暮らしにおすすめのウォーターサーバーを他にも見たい方は、以下のページも合わせてご覧ください。

一人暮らしにおすすめのウォーターサーバーランキングはこちら

コンパクトな卓上型で最安商品はこれ

卓上型でおすすめのウォーターサーバー出典:alpina water公式サイト

できるだけ小さいウォーターサーバーがいいという方は、卓上型のウォーターサーバーも検討してみてください。

今回比較している9社[1]の中で、卓上ウォーターサーバーが最も安いのはアルピナウォーターです。

ボトル料金 1,134円/12L
(47.2円/500mL)
サーバー
レンタル代
629円/月
配送料金 無料
購入ノルマ なし
トータルコスト
(24L利用)[3]
2,897円
トータルコスト
(48L利用)
6,423円

※価格は全て税込みです

詳細はこちら(公式サイト)

赤ちゃん向けで最も安く利用できるのは

クリクラFit出典:クリクラ公式サイト

妊婦さんや赤ちゃんがいるご家庭の場合、キャンペーンの利用で安くウォーターサーバーを利用できることがあります。

9社のウォーターサーバー会社[1]のうち、赤ちゃんがいるご家庭向けキャンペーンを開催中の3社で最も安いウォーターサーバーは、クリクラでした。

月額料金
(24L利用時)[3]
クリクラ 3,380円
アクアクララ 3,358円
プレミアムウォーター 4,300円

※価格はすべて税込みです
※月額料金は、2021年7月時点の赤ちゃん向けキャンペーン情報をもとに、サーバーレンタル代や水の料金などメーカーに支払う全ての月額費用を合算したものです。

クリクラでは、クリクラママSMILEキッズキャンペーンで、1年ごとにボトル4本(5,840円相当)を無料でプレゼントしてくれます(2021年7月時点)。

また、クリクラは水の注文ノルマもなく、気軽に始めやすいウォーターサーバーです。

ボトル料金 1,460円/12L
(56円/500mL)
あんしんサポート料 460円
配送料金 無料
購入ノルマ なし
トータルコスト
(24L利用)[3]
3,380円
トータルコスト
(48L利用)[3]
6,300円

※価格はすべて税込です。

赤ちゃんにおすすめのウォーターサーバーをもっと見る

おしゃれさを求めるなら

「もう少しおしゃれなウォーターサーバーがいい」という方は、ここまで紹介してきたウォーターサーバーより月額料金は少し高くなりますが、プレミアムウォーターのウォーターサーバーがおすすめです。

プレミアムウォーターは業界最大手のウォーターサーバー[5]で、デザイン性に優れたウォーターサーバーを数多く取り扱っています。

月額料金をできるだけ安くしたいなら、サーバーレンタル代無料のウォーターサーバーを選ぶのがよいでしょう。

プレミアムウォーターでサーバーレンタル代無料のウォーターサーバーは次の3種類あります。

スリムサーバーⅢ
ロングタイプ
スリムサーバーⅢ
ショートタイプ(卓上型)
amadana
スタンダードサーバー
スリムサーバー3出典:PREMIUM WATER公式サイト 卓上型ウォーターサーバー出典:PREMIUM WATER公式サイト amadanaウォーターサーバー出典:PREMIUM WATER公式サイト
ボトル料金 1,987円/12L~
(82.8円/500mL~)
※注文は12L×2本~
サーバー
レンタル代
無料~
配送料金 無料
※一部エリアを除く
注文ノルマ 月24L
※前回配送から59日まで
無料で注文休止できる
トータルコスト
(24L利用)[3]
3,974円~
トータルコスト
(48L利用)[3]
7,949円~

※価格はすべて税込です。
※トータルコストは「1本あたりのボトル料金×本数(利用量分)+サーバーレンタル代+配送料」で計算しています。
※上記は「PREMIUM3年パック」の料金です。契約するプランにより料金が異なりますので、詳細は公式サイトをご覧ください。

プレミアムウォーターの詳細はこちら

水道直結型のウォーターサーバーはさらに低価格

ここまで、一般的な水を買うタイプのウォーターサーバーの料金比較をしてきました。

さらに月額料金を安くしたいなら、水道直結型のウォーターサーバーを検討してみてください。

水道直結型ウォーターサーバーとは、その名の通り、自宅の水道水とウォーターサーバーを繋げるタイプのウォーターサーバー。

ウォーターサーバー内部のフィルターを通して浄水されるので、浄水型サーバーとも呼ばれます。

月額料金はサーバーレンタル代のみで、いくら水を飲んでも追加料金がかかることはないので安心です。

水道直結型ウォーターサーバーでおすすめはウォータースタンド。コンパクトな卓上タイプのウォーターサーバーを多く取り揃えており、きっとお気に入りのデザインが見つかるはず。

サーバーレンタル代 月額固定2,200円~
(契約するサーバーやプランにより異なる)

詳細はこちら(公式サイト)

まとめ

ここまで安いウォーターサーバーについて紹介をしてきました。

ウォーターサーバーの月額費用には、ボトル代、サーバーレンタル代、配送料金、電気代がかかります。

本当に安いウォーターサーバーを探すには、各ウォーターサーバー会社のこれらの料金を全て調べて、比較をしましょう。

当サイトで比較した結果、最も安いウォーターサーバーは、ワンウェイウォーターでした。

ただし、ワンウェイウォーターは水の注文ノルマが36Lと他のウォーターサーバーよりも多めです。

そのため、一人暮らしの方や水の消費量が少ない方は、次に安い注文ノルマなしのアルピナウォーターを選ぶのがよいでしょう。

この記事があなたのウォーターサーバー選びに役立てば幸いです。最後までご覧いただき、ありがとうございました。

参考情報

注釈

  1. ページ内、【月額料金比較】安いウォーターサーバーランキング参照
  2. 2021年7月、GMOメディア調べ。
    対象:ワンウェイウォーター・アルピナウォーター・アクアセレクト・クリクラ・信濃湧水・うるのん・アクアクララ・プレミアムウォーター・コスモウォーターの最安値料金
    (※すべてのウォーターサーバー会社を比較しているわけではありませんのでご注意ください。)
  3. 水の消費量は「大人1人:24L、大人2人:36L、大人2人+子供1人:48L」を想定し計算しています。
    参照URL-
  4. 2020年12月、Anetis運営事務局調べ。
    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000072.000009874.html
  5. 日本流通産業新聞調べ。2020年12月末時点。『水宅配業界地図 2021』参照。
    https://www.bci.co.jp/nichiryu/feature/1515

参考サイト

天然水ウォーターサーバーはプレミアムウォーター【公式】(アクセス日:2021.07.02)
ウォーターサーバー・宅配水ならお客様満足度No.1のクリクラ(アクセス日:2021.07.02)
ウォーターサーバー天然水安さNo,1の【アクアセレクト】(アクセス日:2021.07.02)
ウォーターサーバー・宅配水ならお得なアクアクララ【公式】(アクセス日:2021.07.02)
ウォーターサーバー・水を宅配 アルピナウォーター(アクセス日:2021.07.02)
業界最安値!ウォーターサーバー・宅配水のワンウェイウォーター【公式】(アクセス日:2021.07.02)
天然水ウォーターサーバーの信濃湧水【安心・安全の宅配水】(アクセス日:2021.07.02)
≪公式≫天然水ウォーターサーバー【コスモウォーター】の宅配水(アクセス日:2021.07.02)
ウォーターサーバー|安心・安全なウォーターサーバー・宅配水 うるのん【公式】(アクセス日:2021.07.02)
ウォーターサーバーの量は1ヶ月に何リットル必要?|ウォータージャーナル| ウォーターサーバー・宅配水ならクリクラ(アクセス日:2021.07.02)
クリクラは「たまひよ赤ちゃんグッズ対象2020」RO水ウォーターサーバー部門第1位を受賞いたしました。|株式会社ナックのプレスリリース(アクセス日:2021.07.02)
【水宅配業界地図 2021】 在宅需要で水消費量増、PWの独走続く/きらめく機能性サーバーとSDGs貢献 | 特集記事 | 日本流通産業新聞 | 日流ウェブ(アクセス日:2021.07.02)

(提供:GMOメディア)